SHIINBLOG

easy blog

スマホアプリ紹介や好きな音楽・テレビ番組などなど不定期に更新中です... 

MC KUREIが3度目の登場!【フリースタイルダンジョン#100感想】

 

どうも、イジです。

今回もフリースタイルダンジョンの感想を書いていきたいと思います(※あくまでも私の主観で書いてます。ラッパーの敬称略)。

 

 

 

 

チャレンジャー MC KUREI

チャレンジャーとして現れたのは「MC KUREI

ダンジョンには3度目の挑戦となります。初回の挑戦ではT-Pablowと接戦を繰り広げたものの敗退、2回目では9forとSAMを連れ戦極ライマーズ」として3on3の名勝負を見せてくれました。

duma0007.hatenablog.com

 なんでもMC KUREIはモンスターであるFORKに憧れてラップを始めたとのこと。憧れの人を超えに来ました。FORKは登場してくれるのか?

 

【1st STAGE】 vs裂固

 最初に現れたモンスターは裂固!おそらくT-Pablowと同じで、高校生や若手ラッパーの初戦には裂固が登場するのでしょう。実力・知名度ともに裂固が有利か。

1ラウンド目はビートが乗り辛い…それどころかダンジョン史上一番難しいビートかもしれません。まず1verse目、裂固が間違えて8小節ではなく10小節ラップしてしまいます。その後KUREIが約11小節、裂固が6小節行い、2ターン目のKUREIでようやく元の8小節に戻りました(ここら辺は私も小節間違えてるかも…)。

掴みきれないビートでゴチャゴチャした中、リズムキープしなおし「プレゼントフォーユー ブレてる照準」など韻を決めていく裂固。この勝負は4-1モンスターが勝利。ジブさんや審査員が言及してしまうような難しいビートでした。こういうビートを混ぜてくるセロリさんは個人的に好きです。

続く2ラウンド目は乗りやすいビートなのにも関わらず、裂固の調子が出ない。一方KUREIは裂固のパイロットを拾い「I don't know」「最高潮」など分かりやすい韻で観客を盛り上げていく。結果クリティカルKUREIの勝利。若手ラッパー対決の軍配はKUREIに上がりました。KUREIは韻は単純なものの、盛り上げるのがうまいですね。裂固はこれで3連続クリティカル敗北。いまいち調子が出ない感じが見ていてつらいです。

 

 

【使用ビート】

1ROUND feat. PUSHIM / RUDEBWOY×FACE RUEED×AKANE

2ROUND    Rapper's Delight  / The Sugarhill Gang

 


ASOBITAI - Rudebwoy Face, Rueed, Akane feat Pushim [OFFICIAL VIDEO]

 

【2hd STAGE】 vsFORK

 続いて現れたモンスターはFORK!KUREIが尊敬する相手がついに現れました。KUREIは先攻を取り、「先攻チャレンジャー 後攻はモンスター 奴隷が貴族殺しに来ました」とビートにバッチリはめて盛り上げる。仕込んできたものだとしても完璧な出だしです。一方FORKは、相手に自分なりの韻に対するこだわりを語っていきます。自分の事を尊敬しているKUREIに対し「始まりが俺なら俺が終わらす」と貫禄溢れるパンチラインを放ちます。この一言は画面越しでも鳥肌立ったし、審査員もモンスターもKUREIもやばさに笑っちゃってる(FORK戦の恒例行事)。その後も「ICEBAHN a.k.a.RHYME SAVER 客の心を震わせるバイブレーダーだ」と踏んでいきクリティカルかな…と思いきや3-2でモンスターの勝利。意外にも接戦となりました。

KUREI「ここで踏みましたみたいなフロウやめろ 下品だ」とFORKさんに言われてましたが、U-22の大会でMOGURAにも言われてたような…。本人に言われたあとに、他の人にサンプリングで言われることはありますが、その逆を経験してるのは珍しいですね 笑

 

 2ラウンド目はFORKの韻のクオリティの高さからか、KUREIの韻で会場がいまいち盛り上がりません。そこにFORKは全力坂見たら寝ちまうんじゃねぇのかなって心配になってくるんだよね」「お前を通して初代のモンスターとも勝負してんだよ」パンチラインをいくつも放ち4-1でモンスターが勝利。KUREIは憧れの人物を超えることはできませんでした。しかし、全部先攻取ってこの結果ならすごいのでは…。FORKさんは少し噛んでる部分があってこのラウンドは調子悪そうでしたね。ラウンド終わってライブに入ったんで、ワンチャンKUREIクリティカル勝利説!?とか思ったんですけどただの杞憂でした 笑

もしかしたらこの不調を攻めてくるチャレンジャーがいるかも…?

余談ですが今回FORK戦で使われたビートは、CIMAがチャレンジャーとして現れたときのバトルビートと同じですね。Zoo RockCIMA vs T-Pablowで、Bitch Please(B Please)CIMA vs 漢さんで使われてました。過去使われたものでも良いビートはぜひ使ってほしいですね。

 

【使用ビート】

1ROUND Zoo Rock / SIMON

2ROUND   Bitch Please / Snoop Dogg Feat.Xzibit

 


SIMON / ZooRock 【Promo Clip】

 

【ライブ】

ポップコーン / 韻踏合組合

 

ちょっとした感想

今回はKUREI3回目の挑戦をしてきたんですが、ダンジョンって何回の挑戦までOKなんですかね?自分は未来があるチャレンジャーは何回でも挑戦してほしい派ですが、さすがに出演間隔は開けてほしいですね。チーム戦とかを含めると、ニガリとPONYが3回出てるのかな?他に誰かいたら教えてください。

あと今回のビートは個人的にすごい好きでした。ああいう難しいビートにバチッとハメていくチャレンジャーがいると興奮するんですが。新モンスターになってからフロウ巧者のタイプがあまり出てないので、句潤とか来てくれないかなぁ。でも、CHICOとかいないからフロウ対決も見れないのか…。

今週はこんなところで。また、次回。

 

 

〈先週の記事〉

duma0007.hatenablog.com

 

 

 

 

「ID」vs「ACE」の因縁(?)対決!【フリースタイルダンジョン#99感想】

 

 

どうも、イジです。

今回もフリースタイルダンジョンの感想を書いていきたいと思います(※あくまでも私の主観で書いてます。ラッパーの敬称略)。

 

 

 

チャレンジャー ID

チャレンジャーとして現れたのは「ID」!23歳の若手ラッパーで、HIPHOPユニット「DAEDRA」の一員として活躍しています。

以前ダンジョンには「TEAM Liquid21」として登場。激戦を繰り広げたもののモンスターの前に敗北してしまいました(CHICOがノリノリだった時ですね)。その際にサイプレス上野「ACE何やってんだよ? あっ違ったID」と、ACEネタでDISをされてしまいます。その後、ACEがチャレンジャーとして登場した際にR指定がACEに対し「おいID IDじゃなかった ACEだった 間違えた」とその流れを踏まえたうえでDISをします。そんなこんなでダンジョンでは因縁(?)がある、IDとACE。モンスターとしてACEが出てきてくれるのかが見物です。

 ちなみにIDは戦極鉄人というイベントでは晋平太を撃破、BBOY PARK2017のバトルにも出場とバトルの実力は若手ながら相当高いです。これはモンスターやばいのでは…。

 

 

【1st STAGE】 vs崇勲

 1stSTAGEで現れたのは崇勲!モンスター側もそう簡単にACEは出さないといったところでしょうか。この二人のバトルがどのように行われるのか、想像がつきません。

インタビューで「目先のバトルに出てる」と発言していたIDに対し、「俺らは目先のバトルに出てないレベル」と格の違いを分からせる一言を放つ崇勲。その後も「俺らみたいなやつがいるから お前ら光れるチャンスがあるってこと」など、あくまでも自分が上であるというスタンスは崩しません。それに対しIDは上がり所は少ないものの、多彩なビートアプローチを見せていきます。ずっと同じようなラップを続ける崇勲に対して、IDが光って見えてしまったのかまさかの一発クリティカルでチャレンジャーの勝利。個人的にはスタンスを崩さなかった崇勲の方が勝っていたような気がしますが…。負けだとしてもクリティカルは可愛そうだなぁと思います。何にせよIDが1勝を掴みました。

 

 【使用ビート】

1ROUND WAVE債務整Remix / BEAT奉行

 

 

【2hd STAGE】 vsACE

 続いて現れたモンスターはACE!遂に因縁(?)の戦いの火ぶたが切られます。ACEとIDは互いにリスペクトしているようで、バトル前から2人ともニッコニコです 笑

いざバトルが始まると、先攻を取ったIDが「どっちがACEか決めようか 本当の意味でのACEをな」と最初からバチバチのスタートをかまします。それに対しACEは「どっちがACEか こんなカスは消すさ」と母音のえうあで攻めていき、最後の「この場所はダンジョン 俺のペースだ」まで1verseまるごと踏みきります。踏んでる文字数は違うものの、UMBでmol53と戦った時のDOTAMAを思い出すような展開でした。次のverseではIDが「引いちまったババ」から「まだ」「ただ」「なら」「コンプラ(f**ker?)」「Rapper」と気持ちよく踏んでいきます。単純な韻ではあるものの、アクセントを付けながら小刻みに踏んでいく点が流石ですね…。どちらが勝つか分からない試合展開でしたが、1本目は2-3でACEが勝利します。

2ROUND目は1ROUND目とは違い、派手ではないビート。このビートにIDもACEも様々な乗り方でアプローチしていきます。先ほどとは打って変わってフロウ重視のバトルで、お互いに決め所が難しい印象です。途中でACEが「音楽ってやつは最高だよな」

と発言をすると、IDもその流れを汲み「沸いたら勝ちだっけ? 俺は必要ないMusicに勝ち負け」と返しピースな姿勢を見せます。ACEはIDの発言に同調しつつも、あくまでバトルであるというスタイルを崩さずラップをし2-3で初勝利を掴みました。互いにリスペクト溢れながらスキルフルなとてもいい勝負でした。ベストバウトの一つだと個人的には思います。IDにはまたチャレンジしてほしいなぁ。

ELIONE戦では大丈夫か?と思ったACEでしたが、SURRY戦を経て今回のID戦で花開いたといったところでしょうか。チャレンジャーをバッタバッタとなぎ倒してほしいですわ。

 

【使用ビート】

1ROUND Liar Liar / Mr.Itagaki a.k.a.Ita-cho,B.D.

2ROUND   HUMBLE. / Kendrick Lamar

 

【ライブ】

 


【サイプレス上野Ver.】フリースタイルダンジョン、MONSTER VISION/Dungeon Monsters

サイプレス上野とロベルト吉野 / PRINCE OF YOKOHAMA2016

                                                   / MONSTER VISION

                                                   / 上サイン

 

 

ちょっとした感想

今回登場したチャレンジャーはID一人だったのですがとても良い回でしたね。

2度の負けを重ね、モンスターとして大丈夫なのか?と思われていたACEがようやく勝利を掴んでくれました。先攻を取るIDの男気に助けられた部分は少しありますが、アンチも納得の勝利なのではないでしょうか。ACEがこれだけ良いバトルをした反面、崇勲はいまいちキレがなかったような…。今recで崇勲と裂固の調子がどうなのかが気になるところですね。

来週のダンジョンも楽しみです。ではまた次回。

 

 〈先週の記事〉

duma0007.hatenablog.com

 

 

 

 

激熱ラッパー「SURRY」vs「FORK」の激戦【フリースタイルダンジョン#97・98感想】

 

 

どうも、イジです。

今回もフリースタイルダンジョンの感想を、先週も含めて2週分書いていきたいと思います(※あくまでも私の主観で書いてます。ラッパーの敬称略)。

 

 

 

 

チャレンジャー SURRY

チャレンジャーとして現れたのは「SURRY」!和歌山をレぺゼンする31歳のラッパー。2014年にはUMB2016年にはKOK本戦出場と高い実力を持ったMCです。

SURRYといえば有名なのが初代モンスターである「R-指定」とのバトルでしょうか。「SURRY」という名前から魔法使いサリーを引用した顔のでかさDISは、今後も語り継がれるようなパンチラインの一つだと思います…。

そして2016年のKOKには2代目モンスターである「ACE」に敗北しているため、ダンジョンでACEとの再戦を望んでいるようです。

 

 

【1st STAGE】 vsACE

1stSTAGEで登場したのはACE! KOKでのリベンジマッチとなります。

1ラウンド目は上手く乗り辛そうなビート(下に記載)なのですが、ACE優性で勝負が進んでいきます。「語られない … 錦は飾らせない」「冷凍保存 速攻KOモーション」など、わかりやすくなおかつ面白い韻で盛り上げるACE。クリティカルかなと感じたものの、4-1でギリギリ耐えるSURRY。

2ラウンド目・3ラウンド目ともに接戦でしたね。SURRYがボルテージをどんどん上げていく中、ACEも負けていません。「バッテリー切れ」と言われたことに対して「ハートのBeatで動いてるよ」と返した所はかっこよかった。しかしSURRYも負けてはいられない。3ラウンド目はACEの「ツギハギ スリザリン」を拾って「死人に口なし」で上手く踏み返す。どちらが勝ってもおかしくないような試合でしたが、2・3ラウンドともに2-3チャレンジャー側の勝利となりました。

この試合のACEは悪くなかったんですが…お客さんと審査員に支持されなかったか?ゲスト審査員のMasta Simonさんが「早口が分かりにくかった」と発言していたので、現場で聴くとかなり違うのかもしれません。これでACEは2連敗。頑張ってほしいですね。 

 

【使用ビート】

1ROUND YRFW Shit  /  ゆるふわギャング

2ROUND 2 FUNKY C.E.O.(前人未到)  /  DABO

3ROUND The Three16's(The Return) feat.TWIGY&D.L  /  Zeebra

 

 

【2hd STAGE】 vs裂固

2hdSTAGEで登場したのは裂固!今recでは裸武に対してクリティカル負けしているため、勝ちを納めることができるのかが注目のバトルでした。

1ラウンド目はアップテンポなビート。このビートなら裂固が有利かなぁ…と思いきや、先攻を取ったSURRYが上手くはめていきます。ACE戦では本調子ではなさそうでしたが、調子が戻ってきたのか韻がスムーズに放たれていきます。「ABCDEFG 水も滴るいいMC」の部分はそう落としてくるのか!と驚きました。完全即興で滑らかに韻を踏んでいく様子は見てるこちらも楽しくなりますね。それとは反対に裂固は調子が悪そうな様子で、1ラウンド目は良かったものの2ラウンド目で失速してしまいます。さらにそれをSURRYに「ファイナルアンサー お前裂固今日何があった?」とつかれてしまい、クリティカルヒットで敗北してしまいました。「バッチリ見せてく岐阜県民 こいつの扱いはまるで肉便器」とかすごい良かったんですが、SURRYが一歩優勢でしたね。

今recでは2連敗(しかも両方クリティカル)となってしまった裂固、ダンジョン内での更なる成長と活躍に期待したいですね。

 

【使用ビート】

1ROUND イク  /  t-Ace&DJ TY-KOH

2ROUND Headsprung  /  LL Cool J

 

 

【3rd STAGE】 vsFORK

 3rdSTAGEで現れたのはFORK!そしてそのFORK相手に先攻を取るSURRY!

SURRYは全体的にFORKに対するリスペクトを込めたラップをしていきます。その中でも「スーパープレー … もしかして俺のほうが数段上」などリスペクトありきのDISを放っていきます。しかし、今回もFORKがすごかった。SURRYの「火の車」を拾い、「ここは火の海だ」「火曜の夜は俺のラップ聴いてシコる日だ」と、韻も内容も完璧なライムを放っていく。火の海と火曜で「火」繋がりだし、この人の頭の中はどうなっているんだろうか…。

さらに2verse目では「何個踏めるか俺も昔はやってた だが今だから言えるそれは間違ってた」「RHYME至上主義だよ ようは使い方 量で誤魔化さねぇその味が美味いかだ」と韻に対する熱いこだわりを見せます。韻のスペシャリストであるFORKから出るこの言葉は、月並みな表現ですが重すぎる。クリティカルヒットFORKの勝利となりました。SURRYがACE・裂固戦を経て熱量が上がっていったのにも関わらず、それを冷静に対処するFORKはまさにモンスターでしたね。FORKはR-指定と同じで今日はどんなラップをしてくれるんだろう!?と、観客を期待させることができるMCで、なおかつその期待を上回ることができるのがすごいですよね。テレビで見てるだけでこんなにもかっこいいなら、現場で観たらそりゃあがるわな…と思います。あと以前の裸武戦もそうでしたが、裂固が負けた相手をFORKが倒すのっていいですよね。韻の天才である裂固を倒した相手をさらに上質な韻で上回るみたいな。韻では勝てないのか?って相手にも勝っていくからすごいんだよなぁ。

 

【使用ビート】

1ROUND People In The Shadow  /  PUSHIM

 

【ライブ】

Lyrics / N.O.B a.k.a.COCOSPIN

 

 

先週と今週のSURRY戦では尺の調整だと思うんですが、モンスターのちょっとしたエピソードが含まれていて個人的には良かったです。ACEの偏食話・裂固の読書好き・FORKの脳内フリースタイルなど、初期のダンジョンを彷彿とさせるようで面白かったですね。

WREPでジブさんが言ってましたが、今後ダンジョンは3ターン制から2ターン制に戻る(検討中)かもしれないらしいです。そうなるとモンスターのエピソードなんかを挟みながらも、スムーズな番組構成が戻ってくるんじゃないかなと予想。晋平太戦とか5週間くらいやってて…ちょっと長かったからなぁ。

ここまで読んでくれてありがとうございました。また来週。

 

 

duma0007.hatenablog.com

 

 

9か月ぶりに「★6確定!初心者応援パック」買ってみた【モンスト】

 

 

9か月ぶりに「★6確定!初心者応援パック」買ってみた【モンスト】

 

どうも、イジと申します。今回はモンスターストライクの話題でも…

www.monster-strike.com

 

 

 

「初心者応援パック」がリニューアル!

先日、モンスターストライクにて「初心者応援パック」がリニューアルして新登場しました!

「初心者応援パック」とは480円という安い価格で購入することができるお得なセットで、「★6確定ガチャ」チケット1枚、「経験値たんまり!タスの巣窟」チケット1枚、オーブ5個、 獣神玉2個、スタミナミン1個を手に入れることができます。前回と比べると獣神玉やスタミナミンが追加されてますね。獣神玉は初心者のうちはめちゃくちゃ不足してるんで、嬉しいんじゃないかな。

大学生や働いている大人なら(おそらく)余裕で、中高生でもおやつや漫画を我慢すれば買うことができる良心価格になっているためモンスト好きは買うしかない!

 

実は9か月前モンストを始めたてのころに購入したことがありまして…(それは↓記事を参照してくれると嬉しいです。)

duma0007.hatenablog.com

 

★6確定ガチャをとても楽しみにしていたのですが、結果があまり良くなかったのです。具体的に言えばモンスターが手持ちと被ってしまったのでした。

今回の★6確定ガチャでは、前回のような悲惨な状況にならないようリベンジしてやりますよ!…してやりますよ(不安)

 

 

いざガチャります!

 

f:id:duma0007:20170914014135p:plain

 (こちらがその画面。謎の(一応ガチャの目玉の)5体がバナーに。)

 

ということでやってきました★6確定ガチャ!

ちなみに一つ注意しておきたいことがあるのですが、このガチャから限定モンスターは排出されません。なのでパンドラやウリエルなどの超強いモンスターを狙ってる人にはガッカリかもしれません。しかしグィネヴィア紫式部などのモンスターは入手することができます。しかも進化or神化&レベル・タス値最大&わくわくの実付き。レベリングさえも大変な初心者にはありがたいことでしょう。ちなみにまだまだ初心者もといザコの私もとてもありがたいのです。

 

f:id:duma0007:20170914014809p:plain

 

では引いていきます!来い!グィネヴィア!

このとき私の記憶をよぎったのは前回の苦い思い出と今までのモンストの思い出。そして愛している彼女(妄想)の顔でした。

俺、ここで覇権モンスター引いたら結婚するんだ…。

 

f:id:duma0007:20170914015107p:plain

 

 

……… (´・ω・`)

 

f:id:duma0007:20170914015221p:plain

 (ちなみにわくわくの実は速必殺特級でした…)

 

……(;´・ω・)

 

クロノス、、、先月のモン玉ガチャで引いたんだよなぁ…。

クロノスは評価でいうと…なんともいえない強さのモンスターですよね。神化がデーヴァダッタの適正なので嬉しいといえば嬉しいんですが。最近上方修正されたんですがなんとも微妙。獣神化期待かなぁ。ガチャ限のモンスターまだまだ手持ちに少ないのに!なんで被ってしまうのか…!私は憤りを隠せませんでした。

ということで記事自体は短いですがこのような残念な結果になってしまいました。まぁ前回の苦い思い出を話に持ち出してるあたり、フラグ立てる気満々でしたけどね 笑

 

ガチャの結果は人次第ですが★6モンスターを入手できるだけでなく、オーブや獣神玉等を手に入れることができるこのパックがおすすめなことには変わりありません。

モンストを始めて間もない人、全然★6モンスターが当たらない人、ぜひともこのパックを購入しモンストを今よりも楽しくプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

(また来年とかに発売されたら絶対にリベンジします。よければ読者登録などお願いします。)

 

 

〈前回の記事〉

duma0007.hatenablog.com

 

 

「輪入道」vs「GOTIT」の名勝負!twitter…【フリースタイルダンジョン#96感想】

 

 

どうも、イジです。

今週もフリースタイルダンジョンの感想を書いていきたいと思います(※あくまでも私の主観で書いてます。ラッパーの敬称略)

 

 

 

チャレンジャー 裸武

チャレンジャーとして現れたのは裸武。埼玉で10年以上のキャリアを誇るベテランラッパーです。相手をDISしないスタイルを用い、様々な大会で勝ちを納めている凄腕。

UZIさんいわく、相手がDISをしてきたら返す合気道のようなスタイル。

 

【1st STAGE】 vs裂固

1stSTAGEで現れたモンスターは裂固!

落ち着いた態度で熱いラップをする裸武と、8小節の中にいくつもの韻を落としこむ裂固との対決。

この勝負はモンスターが決定打を打てなかったような印象です。裂固にいつも通りの韻の固さがなく、そこを裸武が上手く突いた形か。裂固が言ったアスリートを拾い、

Notアスリート こちとらレぺゼン埼玉のストリート

いつでも一歩リード

DJCELORYがかけるビートでヒートアップしてくぜ

と気持ちよく韻を踏んでいく裸武。言葉に自身の熱量もプラスされ、観客を飲み込んでいくような熱いラップをかましていきます。 

いやいやこの後再現できるかな

だけどこの後握手でマイメン

「回転」「祭典」で踏んだ後に、再現とマイメンで綺麗に締める。DISをしない自身のスタイルを貫き通しクリティカルヒットでチャレンジャーが勝利しました。この敗北で裂固は初黒星。DISをしないというチャレンジャーのスタイルに、対応しきれなかったのがモンスターの敗因なのかもしれません。

 

【2hd STAGE】 vsFORK

2hdSTAGEで現れたモンスターはレぺゼンICE BAHN FORK!

FORKと同じく韻を得意とする裂固がクリティカル負けだったため、FORKがどうなるのか注目でしたが杞憂でした。

お前が裂固に勝ったのはまぐれだ 裏で見てて思ったお前は期待外れだ

客の顔見ればよくわかるよ 客もお前のバトルこれ以上見たいはずねぇんだよ

と最初から固い韻を踏んでいくFORK。一方、裸武は長いキャリアでありながら今も最前線で活躍しているFORKに「20歳の頃の俺が憧れた姿が目の前にあるんだ」リスペクトの言葉を送ります。FORKは「オセロ」という単語を出しながら、

白黒つけてやるぜ白帯と黒帯

お前が背伸びしたって届かねぇように ライムを装備してくぜ

お前の必死すぎる姿はまるで動物の交尾だよ

人間の大人はな 雰囲気作りから始めてゆっくり穴の奥に挿入するんだよ

と圧倒的な一撃を放ちます。正直ここで勝負が決まったと言っても過言ではないです。 

結果FORKのクリティカルヒットで試合終了。相手に対するリスペクトが溢れる裸武のスタイルはかっこよかったものの、FORKの押韻主義のラップがそれを上回りましたね。相手に直接DISをしなくとも、熱量とラップの実力でここまで進んだ裸武はすごい。ぜひともまた挑戦してほしいですね。あとFORKに毎回この完成度のラップされるとマジでチャレンジャー勝てないのでは…。

 

チャレンジャー GOTIT

続いて現れたチャレンジャーがGOTIT!茨城出身、5度のUMB予選優勝の経験をもつ実力者でUMB2014ではR-指定に敗れ準優勝。華々しい経歴とは裏腹に、UMB2014決勝での小節間違いや、ゴチット(本当はガッティ)と呼ばれたエピソードなどが先行してしまっています。

以前ダンジョンにはTEAM「OMEGAH MEWTEEZ(GOTIT、BOBO、G-YARD)」として挑戦したものの、漢 a.k.a GAMIとの初戦にてクリティカルで敗北しています。モンスターが変わった今、その雪辱を晴らすことができるのでしょうか。

 

【1st STAGE】 vs輪入道

勝ちてぇもんな後攻取るよな 本気なんだもん後攻取るよな

チャレンジャーで来て後攻取っても

卑怯とかずるいとか俺は思わない

と初っ端から崇勲のサンプリングをしていく輪入道。モンスターという立場だからできるこの戦法はとても面白いですね。今後も崇勲が面白い事を言ったら、それをモンスターが使うってことがあるかも(サ上の「嘘だよ!」みたいに。これはどちらかというとチャレンジャーが使ってたけど)。その後twitterの話題になり、GOTITという名前で輪入道の画像が表示されていることに対し、

あれなんなの?お前がやらせてんの?

誰にやらせてんの? 教えてほしかったんだよ

ごめんね どうしようもねぇ話してごめんね

 と大絶叫する輪入道!ワイプで映るモンスターも審査員も大爆笑で楽しそう。

フリースタイルダンジョンでこんなに笑ったの久しぶりかもしれない。

↑ちなみにそのアカウントはおそらくこの方。ほんとだ…画像が輪入道だ…笑

3verse目に早口でラップをしていく輪入道に対し、「実際文字に起こすとダサい」といやらしい角度で攻めていくGOTIT。真正面からぶつかっていくと思いきや、違う角度から攻撃ができるのがGOTITの面白い所ですよね。判定は2-3でチャレンジャーの勝利。バトルは次のROUNDへ…。

2ROUND目はあえて先攻を取り攻めていくGOTIT。後攻を取ったらあの崇勲のくだりで攻撃されるのが分かってるというのがその理由。しかしこの先攻後攻の選択が命取りになったか、輪入道はGOTITに対して的確にアンサーしていきます。お互いに自分のラッパー人生やキャリアを絡め熱いラップをしながら、

名前はももかとかほっつんだよ

覚えとけ輪入道可愛いぞ

 自分の2人の子供の名前を出していくGOTIT。子供がいる親としての底力を出しながらラップしていくものの、結果クリティカルで輪入道勝利。GOTITの地力にも驚きましたが、勝負を決めるには一歩及ばなかったか。2回とも1回戦負けのGOTITですが、3度目の挑戦に期待しています。

 

使用ビート&ライブ

Go Getta ft. R. Kelly / Young Jeezy

折れ鼻のメガネ / NORIKIYO

What Up Gangsta / 50cent

REAL GOLD(NEVA GETS OLD) / 韻踏合組合

【ライブ】KOPERU&ISSEI / Ready、ぶんつか稽古

 

www.youtube.com

 

感想

今回は輪入道vsGOTITがベストバウトではないでしょうか。おそらく今後も語り継がれるダンジョンの名勝負だと思います。裸武もかっこよかったんだけど…FORKに完全に空気を持ってかれましたね。

おそらく今recはチャレンジャーあと一人かな?今のところACEの出番がないので、来週はACEが出てくるんじゃないかと予想します。勝てればいいけど…。ではまた次回。

 

 

〈先週の放送〉
duma0007.hatenablog.com