SHIINBLOG

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

easy blog

スマホアプリ、音楽、テレビ番組、興味があることを適当に書いています。期待はしないでね

「ダンジョン守り:勇者の侵攻」をプレイ&レビュー!

 

 

どうも1か月ぶりの更新になります、イジと申します。

 

今までこのブログにて、「中年騎士ヤスヒロ」「エンドレスフロンティア」のようなやりこみ型のアプリを紹介してきたのですが…

 めちゃめちゃ面白いやりこみゲーを発見してしまったのです。

 

それが「ダンジョン守り:勇者の侵攻」

f:id:duma0007:20170406165518p:plain

〈↑タイトル画面、計8個もの言語に対応している(・□・;)〉

 

お値段120円(期間限定50%オフらしい)の有料アプリです。

ゲームのジャンルとしてはシューティング(STGタワーディフェンス(TD)といったところでしょうか。やりこみゲー好きのフレンズ必見です。

 

 

簡単かつ熱いゲーム性

 

f:id:duma0007:20170406165534p:plain

〈↑戦闘画面、大量の敵を撃退だ!〉

 

ゲーム性はとても簡単で、右から押し寄せてくる敵キャラクターたちを撃退するのみ。

プレイヤーが操る1体+仲間4体の合計5体のキャラクターで敵を撃退する。画面をタップすることで武器(斧や剣や手裏剣などなど)を敵に向かって発射することが可能!

味方キャラクターは自動で敵を攻撃してくれるため、大量の敵に向かって大量の武器が発射されるカオスな戦場を味わうことができるのが魅力だ。

 敵に押されているやばい場面では各キャラクターが持つ必殺技を発動することができる。100本以上の骨が敵を攻撃したり、敵全体を火炎で燃やし尽くしたりとド派手に敵を撃破することができるぞ(=゚ω゚)ノ

 

1回のバトルを終えると1日生存したことになる。何十・何百もの戦闘を超え、生存日数を伸ばしていくのが目的だ!

 

f:id:duma0007:20170406165655p:plain

 

戦闘を終えるとキャラクターがレベルアップし、様々なスキルの中から一つをレベルアップすることができる。「守護者の力」のようなダメージを上昇させるものから、クリティカル確率を上昇させる「クリティカル」、発射する武器が一定確率で5発になる「多発射撃」などスキルは多種多様・・・。自分好みのキャラクターを育成しよう!

 

 

 キャラクターを育成して強くなる!

 

バトルが終わった後はメニュー画面にて様々なことを行うことができる。

 

f:id:duma0007:20170406165822p:plain

 〈1日の強化回数には限界がある。どの武器を強化するか考えよう〉

 

キャラクターは武器を1つ装備することができ、武器を強化することによってさらに強くなることができる。武器を改造することで特殊能力を付けさらに強化‼

 

f:id:duma0007:20170406165923p:plain

 〈↑バトルや武器の売却で手に入ったゴールドで施設を強化〉

 

f:id:duma0007:20170406171525p:plain

 

いわゆるスキルツリーのような形式の「研究」

日数経過により研究が完了する(※バトル1回=1日経過)。1日手に入るゴールドの増加や敵の弱体化など強力な効果が多い。

 

おなじみ転生要素で強くてニューゲーム

 

f:id:duma0007:20170406170214p:plain

 〈↑100日以降で転生が可能。生存日数によって転生石が増加。〉

 

「敵が強すぎる!これ以上ゲーム進めるのはムリだ!」と思ったら転生しよう!

 

転生するとキャラクターのレベルは1になり、生存日数も1日目に戻ってしまうが、「転生石」という特別なアイテムを入手でる。これを使うことで永久的にキャラクターを強化したり、序盤からいるキャラクターを超える性能を持つ新たなキャラクターを購入できる。

 

「転生してプレイヤーがめっちゃ強くなったらもうやることないじゃん!」と思ったそこのあなた!このゲーム難易度がめっちゃあります 笑

初心者向けの難易度「簡単」「普通」から超上級者向けの「地獄Ⅹ」まで全16の難易度が存在(地獄Ⅹとかプレイしてるひといるのかな…)

難易度が高いほど転生石の数も増加するぞ!ちなみに筆者であるイジは「難しい」でプレイ中。

 

やりこみ要素がたっぷり詰まったこのアプリ、120円とは思えないほど高いクオリティだ。しかも開発者である「GameCoaster」1人でこのアプリを作成したとのこと…

ゲームのバランス調整や新要素の追加などなどプレイヤーが喜ぶアップデートも頻繁に行われている。

自販機のジュース1本我慢すれば購入できるこのアプリ。プレイしてみてはいかがだろうか?

 

 

〈↓前回のゲーム紹介記事↓〉

 

duma0007.hatenablog.com

 

 

クイズ☆スター名鑑が打ち切りになってしまいました…

 

 

 

どうも、イジです。

 

私のブログではクイズ☆スター名鑑の感想記事を書いていたのですが…

 

duma0007.hatenablog.com

 (多忙により何回分か記事を更新できてませんが…)

 

 

クイズ☆スター名鑑打ち切りになってしまいました…

 

 2月初めあたりからネット上でスター名鑑打ち切りの噂が流れ始め、藤井さんと公式twitterの発言により打ち切りが事実であることが発覚しました。

 

いやぁ…めちゃめちゃ残念ですね。

タレント名鑑から数年かけてやっと復活した番組が3か月ちょっとで打ち切りになるとは思ってもいませんでしたわ…

 

タレント名鑑の時と比べて放送時間は日曜ゴールデンという激戦区。

鉄腕ダッシュや日曜アメトークなど家族受けしやすい番組が並ぶ中で、マニア向けであるスター名鑑は視聴率が厳しかったようで…

日曜アメトークやフルタチさんといった新番組に勝てず敗れてしまった。

 

headlines.yahoo.co.jp

↑こちらのニュース記事でも激戦区で結果が出なかったと書かれています。

 

タレント名鑑時代人気だった「芸能人連想クイズ」もスター名鑑ではほとんど放送せず、カラオケ歌われるまで帰れませんのような、毒の無いファミリー向けのコーナーの放送が増えてました

その結果、マニア向けとしてもファミリー向けとしてもどちらも中途半端になってしまったのかな…と。

番組自体の本領を発揮できず、不完全燃焼のような形で番組が終わってしまったのでやりきれない気持ちを抱えるファンの人も多いと思います。

 

しかし、おまけの放送が3月2日(木)27:20~27:50にあるとのこと!

(※関東地区のみの放送ですが)

深夜帯での放送ということで、ゴールデンの時間帯では放送できなかったシーンや、細川たかしトレンディエンジェルなんかが見れる…かもしれません。

 

 

 日曜ゴールデンという時間帯でこの番組を開始したのは大いに謎でしたが、3か月強という期間楽しませていただきました。

トランプマンの瓦割りや小梅太夫の数珠など新たな名(迷)シーンもあり、マニアなら笑ってしまうような部分もあったと思います。ただ、もっと過激な内容を期待してたから少し残念だったな~

いずれテベコンヒーロのように、深夜帯で復活することを期待したいと思います。

 

R.I.P. 

 

これぞ放置ゲー‼「エンドレスフロンティア」をプレイ&レビュー

 

 

どうもイジと申します。

かつて「クッキークリッカー」というゲームにハマってからというものの、いわゆる「放置ゲー」と呼ばれるジャンルのゲームが大好きなのですが…

 

そんな私がこれはやばい!おもしろい!と思うようなゲームを見つけてしまった。

 

 

f:id:duma0007:20170206174109p:plain

 

 

 

それが「エンドレスフロンティア」

(2016/02/16あたりにリリースされたゲームです。もちろん基本無料)

 

ジャンルはというともちろん「放置ゲーム」 

様々な要素がありながらも、基本的なゲームシステムは簡単。

 

 

時間経過でゴールドが手に入る「クエスト」でゴールドを貯める

ゴールドを使って「兵士」を強化、ステージを進行‼

ステージが難しくなってきたら放置ゲームおなじみの「転生」

 

 

基本的なシステムはこんな感じ。この3つを詳しく説明していこう。

 

f:id:duma0007:20170206174207p:plain

 

「クエスト」は時間経過によってゴールドを入手することができる。

上の画像の「第2次次元戦争の兆候」というクエストでは、40秒経過することで147.8pゴールドを入手することができる。

また、7.7qゴールドを使用することでクエストをオート化することが可能だ。たくさんのクエストを解放しゴールドを集めよう。

しかも「中年騎士ヤスヒロ」などと違って、オフライン時ではオート化したクエストは永遠にゴールドを集めてくれる。放置中も稼いでしまおう。

 

 

f:id:duma0007:20170206174227p:plain

 

そのゴールドを使うことで兵士」を強化することができる。上の画像の上半分で兵士たちが戦っているのが分かるだろうか。

兵士たちは自動で動き敵を倒していく。右にある紫色の宝石を壊すことで次のステージに進むことができる。オフライン時でも兵士たちが自動的にステージを進めてくれるからすごく楽!自分の場合、気づいたら1000ステージ超えてます…

兵士たちをゴールドで強化することでさらに上のステージに到達することができるだろう。

 

 

f:id:duma0007:20170206174244p:plain

 

放置ゲームおなじみの「転生」要素がこのゲームにも存在する。簡単に言ってしまえば「強くてニューゲーム」を行うことができるのだ。

転生を行うと、ゴールド、クエスト、兵士のレベルはすべてリセットされてしまう。

しかし、「勲章」という特別なアイテムを入手することができるのだ。

「勲章」を使うことでさらに兵士を強化することができ、勲章での強化は転生でもリセットされない。

 

 

f:id:duma0007:20170206174305p:plain

 

また、勲章(もしくは課金アイテム宝石)を使うことで、兵士を購入することができる。

ステージを進めるのがつらくなったらどんどん転生してしまおう!

上の画像では☆1~☆4までの兵士しか並んでいないが、☆5のレアな兵士が勲章で購入できる場合もある。1時間に1回兵士交代を行いラインナップを変えよう。

 

 

他にも様々な要素があるがすべて説明するのは大変なのでダイジェストで!

・他プレイヤーと協力しギルド戦を行う「ギルド」

・兵士のステータス増加・クエスト時間短縮など強力な効果を永続的に発揮する「秘宝」 秘宝購入に必要な素材を集めるダンジョン」

・1日でどれだけ高いステージに到達できたかを競うデイリーランキング、プレイヤー同士で対決する「無限ランキング戦」などなど…

 

 このようにまだまだ語り切れない数多くの要素がある。飽きっぽい人以外は何か月、何年とプレイしていくことができるはず(サービス終了しなければ)

「中年騎士ヤスヒロ」や「勇者ヤスヒコ」などの放置ゲーで、私のブログにたどり着いた方々もプレイしてみてはいかがだろうか?

 

〈↓攻略wikiがありました↓〉

エンドレスフロンティア(Endless Frontier)攻略wiki - PukiWiki

 

 

〈↓スマホでできる放置ゲー↓〉

 

duma0007.hatenablog.com

duma0007.hatenablog.com

 

 

 

 

モンスターを応援してしまうフリースタイルダンジョン

 

 

 

自分が日本語HIPHOPやMCバトルという文化に触れたのはいつのことだったろうか。おそらく去年の3月くらい(約1年前)だったのではないかと思う。あの頃は「KREVA」や「Zeebra」といった人気アーティストや「R-指定」、「T-Pablow」といったモンスター達のことすら全く知らなかった。知っているアーティストといえば「DAOKO」や「ぼくのりりっくのぼうよみ」「FAKE TYPE」といったネット上でも活躍しているラッパーくらいだった。

それが今や、フリースタイルダンジョンにハマったことで様々なラッパー達を知った。恥ずかしながら1度もライブやMCバトルの現場に足を運んだことはないが、いずれ運ぶ気持ちは十二分にある。

 

 

今週のフリースタイルダンジョンを視聴しながら思ったことだが、去年と比べてダンジョンという番組の見方が変わったように感じた。

モンスターもチャレンジャーも誰が誰だか分からない全く知識もないにわかファンだったとき、私は番組を見ながら「チャレンジャー」を応援していたと思う。焚巻がバッタバッタとモンスターをなぎ倒し、ラスボス般若に到達したとき、めちゃくちゃ興奮したし鳥肌が立った。このまま般若を倒してしまえ!とさえ思った。掌幻やCIMA、押忍マンやDOTAMAがR-指定に敗れて般若にたどり着けなかったとき、まるで自分のことのようにへこんだものだ。

(DOTAMAファンの私は彼が負けると今でもヘコむ 笑)

 

 

それが今やどうだろうか。

約1年フリースタイルダンジョンを視聴するうちに、私はチャレンジャーではなく「モンスター」を応援するようになってしまっていた。モンスターがクリティカルで敗れると半端なく悔しいし、クリティカルで勝つと半端なく嬉しい。

毎週毎週モンスターたちを見ることで、彼らに愛着を持ってしまったのだと思う。ラッパーとしての成功を掴むため、今までの自分を変えるため、ダンジョンに挑戦するチャレンジャーたちよりもモンスターの方がたくさんのドラマがある。サ上やチコカリはモンスターという立場でありながら連敗を重ね、そこから這い上がった。漢は輪入道との戦いを通し自身のリミッターを外した。今や仲間として共に戦っているR-指定とDOTAMAの間にも色々な感情が渦巻いている。特に成長を感じられるのがT-pablowだ。彼はダンジョンの第1回にてDragon Oneに敗北した。その後もCIMAやスナフキンといった強敵たちには敗れてしまっている。しかしスキルは確実に上がっており、今では強豪達を1on1で撃破している。

モンスターという立場(先攻後攻選べない等)に苦労しながらも彼らが勝ち続ける姿を私は見たいのだ。番組としては…取れ高が無くてつまらないだろうけど。

 

 

 今週のダンジョンも、ニガマムシが登場した回もモンスターが負け続けるのは見ていてつらい。しかし、視聴者の中にはチャレンジャーに感情移入してみている人もいるだろう。どちらを応援するかは人次第、どちらかに感情移入してしまっている時点でこのような番組を見るのは極論向いていないのかもしれない。

 それでも私はモンスターを応援し続けるだろう。これからもきっと。

 

 

最後に一つだけ言いたい。

漢さんにはチーム戦でなく1on1をやらせてあげてくれ…

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

 

「しくじり勇者は優柔不断 -勇者ヤスヒコと魔界の冒険-」をプレイ&レビュー!

 

 

「しくじり勇者は優柔不断 -勇者ヤスヒコと魔界の冒険-」をプレイ&レビュー!

 

私の好きなゲームの一つに「中年騎士ヤスヒロ」というゲームがある。

いわゆる放置ゲーと呼ばれるジャンルのゲームであり、スマホで手軽にプレイできる面白いゲームだ。一時期はバグによって阿鼻叫喚地獄のような状態になっていたが、現在は楽しくプレイできている。

 

 (ヤスヒロについて詳しくはこの記事参照↓)

duma0007.hatenablog.com

 

その「中年騎士ヤスヒロ」で有名なPOLARIS-X(ポラリスエックス)の新たなアプリがリリースされたということでさっそくプレイしたいと思う!

それが…

 

 

f:id:duma0007:20170131162142p:plain

 

 

「しくじり勇者は優柔不断 -勇者ヤスヒコと魔界の冒険-」

 

ヤスヒロとも、大人気ドラマの勇者ヨシヒコとも被ってるネーミングだが、これはあえてのことだろう…

(勇者ヤスヒコで検索すると 勇者ヨシヒコでは? って出るのめんどい)

 

ジャンルはというと、ヤスヒロに続き「放置」がメインになっている。

今作はそれに加えキャラクター・武器の強化や、タップ要素などが追加されやりこみ性の高いゲームとなっている。

 

 

f:id:duma0007:20170131162211p:plain

 

 

メインとなるキャラクターはこの4人。

主人公であるヤスヒコがなんやかんやで借金を背負ってしまい、その返済のためにモンスターを倒していく…というのがおおまかなストーリーである。

プレイしていくにつれキャラクター4人の痛快な会話が見れるのも面白い部分だ。

 

f:id:duma0007:20170131162232p:plain

 

 

このゲームのメインとなる戦闘だが、バトルはほぼすべて自動で行われる。

上の画像のようにキャラクターたちが自動で敵と戦闘してくれる。

我々プレイヤー側は、スキルボタンをタップすることで強力なスキルを発動することが可能だ!敵1体に大ダメージを与えるスキルから、味方全体を回復するスキルまで多様なスキルを使うことができる。

モンスターを倒してお金を稼いだら、それを使い勇者強化・武器の強化を行うことができる。強化を行いボスモンスターをバッタバッタとなぎ倒そう‼

 

そして放置ゲームには当たり前の要素である「転生」ももちろん存在する。

転生は勇者のレベルやステージ数をすべて1にすることで行うことができ、「キューブ」というアイテムを入手できる。

キューブを使うことで「魔道具」を入手することができ、「ボスの体力ダウン」など強力な効果を永続的に発動することが可能。ステージを進むのがつらくなってきたら転生してしまおう。

 

 

「仲間」という要素も存在するんだけど…

 

f:id:duma0007:20170131162835p:plain

(↑どこかで見たことある中年騎士がいるんですが… )

 

 

ここまではゲームの基本システムの紹介を行ってきた。ここからはこのゲームに不満を感じた点をちょっとだけ紹介するぞい

 

☆不満を感じた点☆

・やりこみ要素が多い反面、ゲームシステムがごちゃごちゃしていてわかり辛い。

 個人的に武器の製作は良いとして、熟練度システムはいらないのでは…?と感じた。

 

・「中年騎士ヤスヒロ」でも言われていたことだが、オフライン時にステージを進めてくれない。常に電源を付けた状態で放置しなければならない。

 

・リリースされたばかりというのもあって、ゲームバランスが悪い。

 放置していてもそこまでお金が稼げず、敵とのバトルで毎回苦戦する。

 

 

 と不満を少しだけ挙げさせてもらったが、リリースされたばかりのゲームなので仕方ない部分も大いにある。

アップデート次第でどんどん面白くなるはずなので、今後も勇者ヤスヒコに期待していきたい。興味を持った人はプレイしてみてね(*‘∀‘)

 

〈↓勇者ヤスヒコ以外にスマホでできるこんな放置ゲーも!↓〉

duma0007.hatenablog.com