SHIINBLOG

easy blog

スマホアプリ紹介や好きな音楽・テレビ番組などなど不定期に更新中です... 

遂に100万円を取ったMCニガリと不穏なダンジョン【フリースタイルダンジョン感想】

 

フリースタイルダンジョンで史上3人目となる100万円獲得者となったのが「MCニガリa.k.a.赤い稲妻」

かつては1人で2回、チームで1回、計3回ダンジョンに挑戦しているものの100万円を獲得するには至りませんでした。そんなニガリのダンジョン挑戦を裂固戦からラスボス般若戦まで振り返ってみたいと思います。

(ポイントや使用ビートなどラウンド毎に記載しております。)

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

【1st】vs裂固

裂固戦は1回戦ながら久しぶりに熱い試合でした。高ラ王者であり仲のいい2人の戦いは手に汗握るような展開の連続。裂固がキレキレのラップを披露したら、ニガリはそれに応えるような形で更に上回るラップを披露、さらにお経を唱えだし観客を盛り上げる。特にビートの乗り方に関してはニガリの方が一枚上手。round2の「中身がない割には~」の部分など、所々で見せる軽快な乗り方には観客もあがらざるを得ない! 誰もが待ち望んでいた若手ラッパー同士のバトルでしたが、ここはニガリが勝利。

 

ROUND1 1-4  Got Money feat. T-pain /  Lil Wayne

ROUND2 0-5(クリティカルヒット I Know You Got Soul / Eric B. And Rakim

【2nd】vs呂布カルマ

呂布カルマはクリティカルで負けてしまったのですが、2roundがものすごく良かったです。Lick-G戦もそうだったのですが呂布カルマは負け試合もかっこいいんですよね。呂布カルマは喋ってるだけとか言う人が未だにいますが本当に的外れで、ビートアプローチが的確なんですよ。それに加えて今回は「ニガリ 三度 如何に」等、要所に韻がプラスされていて、相手を辛辣にdisしてるのに耳心地が良いという、呂布カルマの真骨頂のような戦いが見れたと思います。あれだけのラップをして勝てないのだからモンスターという立場は本当に難しいですよね…。

 

ROUND1  2-3  Used2 / 2 Chainz

ROUND2  0-5(クリティカルヒット Put You On The Game / The Game

【3rd】vs崇勲

3rdで崇勲が登場する、これには大きな意味があったと思います。韻の裂固が敗れ、内容重視の呂布カルマが敗れ、チャレンジャー優勢の空気を大きく変える可能性があったのは他でもない崇勲だったのではないでしょうか。上げ足を取るだけではなく笑いを取って会場を飲み込んでいく、それが崇勲の持ち味だと思います。しかしダンジョンでの崇勲の成績があまり良くないことは事実。勝ち試合も負け試合もいまいち盛り上がり切れない…ニガリという強敵を前にそれをどう乗り切るのか見物でした。

お互いをデブと罵り合うところなど、サ上vsふぁんくを彷彿とさせる展開に笑ってしまいましたが、崇勲はあと一つというところで決めきれず2-3が2回と接戦の末、ニガリに軍配。

 

ROUND1  2-3  左 / SHINGO☆西成

ROUND2  2-3  Blow the Whistle /TOO SHORT

 

 【4th】vs輪入道

4人目に現れたモンスターは輪入道。以前隠れモンスターとして登場した際、ニガリに敗れラスボスまで到達されてしまった苦い経験があります。そのため今回も負けてしまうのではないかと正直思っていたのですが、2代目モンスター史上トップクラスのベストバウトが見れたと思います。

1round目では「赤いりんご」→「固い心臓」と固い韻を披露し、2round目では寝っ転がってラップし、さらにコンプラ全開のワードで畳みかける。何をやらせても完璧にこなすことができる輪入道スタイルが爆発していました。

2round目はお互いに下ネタ合戦。ステージに寝転がりながらの「ちん〇こ舐めろ」も面白かったのですが、輪入道ジーザスを拾って「チン〇ス」で踏んでいくニガリの方が一枚上手。輪入道優性の流れを少しずつ変えていきました。また最終roundで後攻を取らずにあえて先攻を取るあたりが、盛り上げ方というか勝ち方を理解していますよね。先攻を取ってクリティカル勝利をしたという実績が後の般若戦に大きく響いたのではないでしょうか。

あくまでも個人的な意見なのですが、ラスボス前の砦(4人目)には絶対にチャレンジャーを止めるという気迫と熱さが必要だと思っています。その点においては、冷静さ冷徹さが目立つ呂布さんやFORKさんよりも輪入さんの方が向いているように感じました。

 

ROUND1  3-2  QTRAP / THbeatz

ROUND2  2-3  Deep Cover / Dr.Dre & Snoop Dogg

ROUND3  0-5(クリティカルヒット NO91 / DJ KENZI a.k.a. BLACKBEATZ

【FINAL】vs般若

正直今回の挑戦で一番見どころが無かった試合がこのラスボス戦だと思います。

般若もニガリに対して言うことがなかったのか真相は分からないですが、いまいち乗り切れてないような雰囲気だったし、ニガリ側からもそこまで大きなパンチラインは出なかったように感じました。しかしKENさんの解説通り、最後の「音楽作りてぇわ」という前向きな言葉が勝負の明暗を分けたのではないでしょうか。

般若戦で1発クリティカルは無いだろ…と思ったらクリティカル。なんかやりきれないなぁ。

前回のLick-Gも今回のニガリも簡単に100万を取ってしまって、正直晋平太戦のような盛り上がりが無い。もちろんモンスターが変わったというのも原因の一つなのだと思いますが、ドラマ性に欠けるというか…まぁ一視聴者のワガママなんですけども。

 

ROUND1  0-5(クリティカルヒットStill D.R.E feat Snoop Dogg / Dr.Dre

 

感想

この記事ダンジョン見た勢いで書いてるので文章等々読みづらい点があったらすみません。元気が出たら修正します。

peko→Lick-G→ニガリと3rec連続でラスボス般若に到達(その内2回は全クリ)されてしまった2代目モンスター。このペースでラスボス般若が出てきてしまうと、ラスボスというレア感が薄れてしまうような…。この雰囲気を変えるには、勢いのあるチャレンジャーをモンスターが食い止めるか、般若が圧倒的な力で撃破するかしかないような気がします。

次回recは何やら凄そうな人たちがチャレンジャーの予感…⁉ またもやラスボスまで到達されることになってしまうのか…来週が楽しみです。

 

フリースタイルダンジョン 5th rec1の感想【T-TANGG/HIBIKI/BATTLE手裏剣/Lick-G】

 

 

遂に始まりました、フリースタイルダンジョン5th season!

今まではseasonが変わるごとに大きな変化(モンスター追加、チーム戦等)があったのですが、今回大きく変わることはありませんでしたね。強いて言うならUZIさんの代わりに初代モンスターであるサイプレス上野が進行役となったことでしょうか。あとモンスター登場の演出もちょっと変わりましたね。

 

 

 

フリースタイルダンジョン 5th season rec1

 

rec1-1 T-TANGG vs 崇勲 / HIBIKI vs 裂固

新シーズン一人目のチャレンジャーはT-TANGG。以前ダンジョンに登場した時は漢 a.k.a GAMIに敗北してしまったものの、高いスキルを証明し大きな爪痕を残した一人ではないでしょうか。

対するモンスターは連敗続きで調子が悪そうな崇勲。今回も負けてしまうのかと思いきや、1-42-3でモンスターの底力を見せつけ勝利!連敗地獄から復活を果たしました。「坊主」「ファイティングポーズ」など分かりやすく面白い韻が炸裂し、皆が見たかった崇勲のバトルを見る事ができました。T-TANGGは2ラウンド目の「牛若丸じゃ」のラインがものすごく格好良かったですね。あれで勝ったかなと思ったのですが…。

 

二人目はHIBIKI。高ラ第3回で準優勝の経験を持つ若手ラッパー。対するモンスターは高ラ第9回優勝者裂固。高ラ出身の2人の対決ですが、この勝負を制したのはチャレンジャーHIBIKI!なんと5-0クリティカルヒットで一撃。

クリティカルですが大きな差がある試合ではなかったような。HIBIKIの早口も裂固の韻もどちらもスキルフルでしたからね。 個人的には2verse目が勝敗を分けたのかなと思います。HIBIKIがビートから少しずれたものの、力技で無理矢理戻していったのに対し、裂固はいつも通りの完成度の高い韻が踏めてなかったような。

それにしてもHIBIKIすごく上手いですよね。高ラ3回の決勝を改めて視聴したのですが、スキルの上達がものすごい。次回は呂布カルマと戦うようですが、これはワンチャンあるのでは?

 

 

rec1-2 HIBIKI vs 呂布カルマ / BATTLE手裏剣 vs 崇勲

前回裂固を倒したHIBIKIの前に、戦いたいと言っていた相手呂布カルマが登場。

3-22-32-3と大接戦の末、呂布カルマが勝利。呂布さん相手に全部先行取ってこの結果とは…後攻取ってたら勝っていたのかも。HIBIKIは乗せ方や韻の踏み方がスキルフルでかっこいのですが、呂布さんのユーモア溢れる正論が強かった。「Super siyan」*1を拾って「ムッチャダサいや~ん」とか小馬鹿にする様な韻が魅力的ですよね。負けてしまったものの大きな爪痕を残したHIBIKI、今後注目のMCになりそうです。

続いてBATTLE手裏剣が登場。UMB本戦やUMB春選抜で大きな結果を残した神奈川のラッパー。ラップも服装もオシャレで個人的にすごく好きです。そんな手裏剣を調子が良い崇勲2-30-5クリティカルヒットで沈める!  この試合も崇勲強すぎ。スキャット*2から連想させて「Be bop ba bodda bope」*3「四方八方 どんどんと発砲」は、単純に聴き心地が良くスムーズに耳に入ってくる。本来なら手裏剣が披露するはずの音楽観溢れるラップを崇勲がやってしまうのだから驚きですよね。それに対しチャレンジャー側は上手く観客を沸かすことができなかったか。句潤やPONYみたいにダンジョンだとウケないタイプなのかも…残念。

 
rec1-3 Lick-G vs ACE / Lick-G vs FORK / Lick-G vs 輪入道

rec1最後のチャレンジャーとして現れたのは「Lick-G」!言わずと知れた若手実力派ラッパー。ダンジョンには3度挑戦しているものの般若戦まで到達したことは一度もない。そんなLick-Gがまさかまさかの波乱を起こしていきました。

まず1人目ACEに1発クリティカル。続くFORK戦では2-3からのクリティカル。3人目輪入道クリティカルで一撃。Lick-Gはスキルもさることながらパフォーマンスも圧巻で、相手のバース中に座ったり踊りだしたりとやりたい放題。そんな姿を見たら観客(視聴者)もそちらに注目せざるを得ないわけで、モンスター側からしたら上手くペースを握られてしまったといったところでしょうか。ライムに関してもFORK戦のシド・ヴィシャス*4のくだりや輪入道戦の「媚び売り上手 / どぎつい恐怖」等、意味も通りつつ完璧に決まっていてどちらがモンスターなのか分からなくなるレベルでしたね。モンスター側も調子悪くなかったのにも関わらず、それをねじ伏せてしまうLick-G…強さの底が知れないですね。

 

 

rec1-4 Lick-G vs 呂布カルマ / Lick-G vs 般若

4人目として満を持して現れた呂布カルマだったが、一発クリティカルで敗退。Lick-Gとは過去数回の対戦があり因縁があるものの、 乗りに乗っている彼は止められず。

そして降臨するラスボス般若。般若戦ではどのチャレンジャーも熱いバイブスで、内容勝負を仕掛けてく傾向があるのですが、Lick-Gはスキルやビートアプローチをメインで攻めていきました。般若の土俵の上で戦わず、あくまでも自分の得意分野で戦ったLick-G、4-1からのクリティカルで勝利。ダンジョン史上2人目の100万円獲得者となりました。

 

 

 

*1:T-pablowのサンプリング

*2:意味のない音を即興的に歌う歌唱法

*3:スキャットマン・ジョンの楽曲「スキャットマン」から

*4:セックス・ピストルズのメンバーで、薬物乱用により他界したロッカー。パフォーマンスが過激だった点などLick-Gと近い所がある。

フリースタイルダンジョン 4th rec6の感想【Core-boy/椿/peko/KOOPA/SIMON JAP/龍道】

 

 

どうも、お久しぶりです。イジと申します。

はっきり言ってブログを更新するやる気がなかったため放置を続けてましたが、今週のダンジョンを見て感想を書きたくなったので…恥ずかしながら帰ってまいりました。

私が更新しない間にMonsters warやUZIさんの一件など色々ありましたが、変わらずダンジョンは見続けてますよ 笑

 

 

フリースタイルダンジョン 4th season rec6

 

rec6-1 Core-boy vs 裂固 /椿 vs 呂布カルマ

rec6で最初のチャレンジャーとして現れたのは「Core-boy」

高校生ラップ選手権王者であり、現在はWREPでパーソナリティーを務めるなど更なる活躍が期待される若手ラッパーの一人です。紹介VTRで「裂固が穴」と発言するなど自信満々な彼の前に登場したモンスターは(やっぱり)「裂固」!

「G-HOPE」には勝ったものの、「MC KUREI」「9for」と若手ラッパーには負け越している裂固。今回も苦戦してしまうのかと思いきやあっさりとクリティカルで勝利しました。

今回の裂固は視聴者も驚くほどのキレ具合だったのではないでしょうか。韻を踏みながら的確に相手を攻める、そのスタンダードなスタイルが特に際立っていたと思います。Core-boyはというとアンサーを返すのに必死で防戦一方になってしまい、いまいち攻めることができていなかったように思えます。高ラ王者対決は裂固の勝利で終わりました。

 

次のチャレンジャーとして現れたのは「椿」!

UMB本戦に女性初の出場を決めるなど、活躍をみせる実力派女性ラッパー。前回は3on3で挑戦したものの、R、DOTAMA、サ上の3人にボコボコにされました。その際にモンスターから放たれた女性蔑視発言に納得がいかなかったようで。 

そんな椿の前には呂布カルマが登場。3ラウンド目までもつれこむ接戦だったものの、呂布カルマが勝利を掴みました。Vでは女性ラッパーに勝ったことがないと言っていたものの強かったですね。

 

この試合に関しては呂布さんを出してくるモンスター(番組?)側の意地の悪さを感じましたね(もちろん褒め言葉です)。 FORKさんや裂固を行かせて韻の対決にさせて、ミソジニーうんぬんをうやむやにさせる戦いだってあると思うんですよ。そこに真正面から反論していく呂布カルマをぶつけるあたり流石ですわ。輪入道が相手でも面白い対決が見れたかもしれません。

(この件に関してはtwitterで色々と荒れてましたけど…うん…。)

 

rec6-2 peko vs 崇勲 / peko vs ACE

続いてrec2で現れたチャレンジャーが「peko」!

ダンジョンには3度目の登場となるpekoですが、過去2回はすべて1回戦負けという悔しい結果に。初の一人での挑戦ということで進撃が期待されます。peko本人もVで言ってたけど、アマチュアクルーのクリティカルとかは…なんともいえない。

1人目のモンスターとして崇勲が登場。未だに勝利は2回と苦渋を飲んでいる崇勲。ビートに合わせて韻を踏むなど、崇勲としては珍しい技術を披露したものの、キレキレの韻を放つpekoの前にクリティカル負けを喫してしまいました。崇勲は2verse目にもっと攻めれたら…という惜しい結果に。

 

2人目のモンスターとしてACEが登場。前recにて強敵GADOROをクリティカルさせたACEですが、今回は2-3、1-4でpekoに敗れてしまいました。

1ラウンド目はスローなビートで韻の踏みどころ、沸きどころが難しそうでしたが、2ラウンド目の「RGTO」ではお互い乗ってきてとても面白い勝負でした。「RGTO」「8mile」のサンプリングで会場を盛り上げるpekoと、確実に韻を踏んでいくACE。戦極twitterでも発言されてましたが、バトル初心者が見ても楽しめるバトルだったのではと思います。

(「peko君には頑張ってほしい~」のところが一番アガりました。)

 

rec6-3  peko vs 輪入道 / peko vs FORK

先週の放送で崇勲、ACEを撃破したpekoの前に3人目のモンスター輪入道が立ちふさがった。お互いバイブスが高い熱い者同士激熱なバトルが見れると思ってましたが、ハッキリ言って想像以上のバトルでした。ボディタッチスレスレ、一歩間違えれば反則になってしまうような熱量のバトル。あそこまでの熱さを出すことができる輪入道、そしてpekoのスキルの高さに改めて気づかされる回だったのではないでしょうか。結果は3-2、2-3、2-3で接戦の末pekoが勝利! 2代目モンスターになってから初の3人抜きとなりました。

2ラウンド目の「刺せ」のくだりとか輪入道さんらしくて良かったですよね。ダンジョンでいえば漢さん戦のような恐い輪入道が見れた気がします。

 

そして4人目として現れたのはもちろんFORK(ICE BAHN)。未だ無敗まさに最強のモンスターである彼がpekoの前に現れます。

FORKさんの韻の精度は相変わらず高かったものの、pekoの熱量がそれに勝り、3-2からのクリティカルヒットで勝利しました。FORKさんの「鼻からピースサインのくだりなどとても面白かったのですが、pekoの「太鼓判」「大誤算」で全てを持っていかれたような印象を受けました。

これでpekoは2代目モンスターになってから初のラスボス般若到達者となりました。焚巻やNAIKAの名勝負に匹敵するバトルが繰り広げられるのか?晋平太のように般若を倒すのか?来週に期待しましょう!

 

 

rec6-4 peko vs 般若

 

崇勲、ACE、輪入道、FORKと4人のモンスターを倒し突き進んでいったpekoの前にラスボス「般若」が満を持して登場。晋平太戦での敗北以降、バトルする姿を見せることが無かった般若ですが、今回の勝負の行く末はいかに…。

3ラウンド通しての感想ですが最高のバトルでしたね。1ラウンド目が一番盛り上がってそこから徐々に盛り下がっていったのは残念でしたが、pekoの体力的にも仕方がないでしょう。声をガラガラにしながらもラスボスに挑む姿はまさに主人公で、1ラウンド目の勝利を掴んだところは本当に興奮しました。しかしさすがはラスボス般若、2・3ラウンド目と勢いを増してチャレンジャーを打ち破った…。

pekoさんに関しては1ラウンド目の気迫の籠った韻や、2ラウンド目の証言5のサンプリングが個人的に刺さりました。(証言に関してはそこサンプリングするか…と驚いた。あと「ハ ハイ」の声が好き)

 

個人的に気になったのはビートが焚巻戦とほとんど一緒だったところ。2代目モンスターになってから初の般若だからなのかな…正直今までと違うビートで、違う雰囲気のバトルが見たかったかなぁとか思いました。

 

rec6-5 KOOPA vs 裂固 / SIMON JAP vs ACE

今回のチャレンジャーは「KOOPA」スナフキン、LAYGANと共に彩-IRODORI-のメンバーを務めている。様々な大会に出場しているので説明不要だとは思いますが、特徴的なのはその高い音楽性から放たれるセンス溢れる言葉とフロウ。そしてこれも説明不要だとは思いますが、ダンジョンでフロウ系ラッパーは勝てない傾向にあるということ。

モンスター側からは裂固が現れラウンド3までの接戦の末裂固が勝利。両者共に本調子ではなさそうなバトルでした。正直1~2はKOOPAの勝ちだったような…ラウンド3は完全に裂固でしたが。句潤とかKOOPAとか黄猿とか本当にかっこいいラッパーだから、ぜひとも他のバトルや音源をチェックしていただきたい‼

 

続いては大物「SIMON JAP」が登場。隠れモンスター経験あり、KOK本戦出場、Monsters War参戦と、強さと人気を兼ね備えたチャレンジャー。

この勝負に関してはビートが完全にACE寄りだったような。不正とかを疑ってるわけではなく、単純にACEが刺さるビートだなぁと。そしたら案の定ACEが上手く乗りこなしクリティカルヒット勝利。まさかの1回戦負けとなったSIMONは納得がいっていない様子でしたが、ダンジョンならではの勝利だよね。他のバトルだったら延長になるような試合だったのでは。

 

rec6-6 龍道 vs 崇勲 / 龍道 vs 呂布カルマ

 

4th season最後のチャレンジャーは「龍道」。以前ダンジョンに挑戦した際には賞金獲得者になるなど実力は本物。(当時はRが怖くて逃げたとかパブロにもDOTAMAにも負けてたとか色々言われてましたが…)

最初に現れた崇勲とはラウンド3までかかる勝負の末、龍道が勝利。今回の崇勲は勝っててもおかしくないようなバトルでしたが…かわいいキャラが不発か。ACE、裂固が勝ちだしている中で崇勲は厳しい状況が続いています。

続いて現れた呂布カルマ、VTRで龍道に対し「根性無し」と発言し強気な姿勢を見せていましたが、バトルでも圧倒的な強さを見せつけ(クリティカルじゃないけど)完勝。今回は言葉選びもDISの内容もすべてがド正論、呂布カルマの真骨頂とも言える試合でした。呂布カルマは冷静ながらも、言葉の迫力や語気から力強さが伝わってくるのがモンスターらしくて好きです。

呂布さんが出る前、龍道がラップしようとして止めたのは新曲をアカペラでやるのは難しいからなのでは…とKENさんがラジオで言ってましたね。真偽は不明ですが。

ちなみにtwitter情報によるとバトル後、フリースタイルで客を沸かせたらしいです。

 

rec6の全体的な感想

rec6が終了したわけですが、やはり般若が出てくると面白いですね。私は結構モンスター側に感情移入してバトルを見ているのですが、モンスターの勝利ばかりだと正直見てて面白くないんですよね。今回のpekoのようなチャレンジャーが1recに1人はいてほしいなぁ…とか思ったり。

次recはrec6を超える神回だと噂されているので楽しみにしておきます。

 

フリースタイルダンジョン 4th rec3の感想【ID/MC KUREI/MC松島/MU-TON/押忍マン】

 

 

どうも、イジと申します。

フリースタイルダンジョンの記事を書き続けていましたが、正直感想の書き方に迷っていました…。今回からはrecごとに1つの記事にし、小話や無駄話などを挟みつつ書いていきたいと思います。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

フリースタイルダンジョン 4th season  rec3

 

rec3-1 IDとACEの因縁(?)対決

rec3最初のチャレンジャーとしてIDが登場!このrecについては記事を更新していたためこちらをどうぞ↓

 

duma0007.hatenablog.com

 

 

rec3-2 FORKに憧れるMCKUREI登場!

 rec3-2ではMCKUREIが3度目の挑戦。こちらも(ry ↓

 

duma0007.hatenablog.com

 

rec3-3 超新星MU-TON vs 呂布カルマ 

 rec3-3で現れたチャレンジャーは「MC松島」。以前「北海道選抜」の一員として登場したものの、バトルの機会はありませんでした。1人目に現れたモンスターは輪入道。飄々とした態度の松島と対照的な輪入道がバトルでかみ合うのか不安でしたが、それはただの杞憂でしたね。結果的には輪入道の勝利なのですが、輪入道が負けてしまうのではないかというくらい松島がキレッキレでした。MC松島が斜めの急な角度から攻撃してくるのに対し、それをまっすぐに受け止める輪入道。お笑いで例えるのもあれかもしれませんが、松島のボケをボケ殺ししてる感じですよね。ここで輪入道が止めてなかったら、下手すると般若まで行ってたかもしれません。それほどまでにユニークな実力をもつMCでした。

ちなみにバトル中話題となった長淵剛さんの楽曲は「友達がいなくなっちゃった」でしょうか。調べたら誕生日は9月7日でした。

 

次に現れたのが「MU-TON(ムートン)」。番組内で超新星と称されたように、MCバトル界に突如現れ様々な強敵を倒している期待のホープ。今年もUMB・KOKともに本戦出場が決定しており、優勝も夢ではありません。ムートンの前に登場したのが呂布カルマ。今のところ1度も負け無しのモンスターです。この勝負はまさにスタイルウォーズと言ったところでしょうか。あくまでもバトルにおいて会話を求める呂布と、アンサーはそこそこに自分のラップで観客を魅了させるムートン。1ROUND目はムートン優性でしたが、2ROUND目は五分五分だと個人的に感じました。結果的に4-13-2でムートンの勝利。呂布カルマは初黒星となりました。

ここからは余談ですが、rec3-3放送前にジブさんがダンジョンにムートンが出演したことをラジオ(WREPのBATTLEFIELD)でうっかり言っちゃったんですよね 笑  あれだけダンジョンのネタバレについて厳しく箝口令を敷いてるのに、自分はうっかり言ってしまうジブさんが私は好きですよ。  

 

rec3-4 ダンジョンでおなじみ押忍マン vs ACE

rec3-4では引き続きムートンが登場し、同じく勢いのある若手ラッパー「裂固」と対戦しました。実はこの2人は以前バトルしたことがあり、その時はムートンは敗北しているためリベンジマッチとなります。そのような経緯もあるためバチバチの接戦になるかと思いきやムートンがクリティカルであっさりと勝利。そして賞金20万円を受け取り颯爽とダンジョンを抜けていきました。この試合は裂固の韻を踏み返したり、ビートアプローチで攻めたりと多彩な戦術が光りましたね。めちゃくちゃ強かった。

続いてフリースタイルダンジョンでは準レギュラー(?)クラスの押忍マンが登場!

ACEとバチバチの真っ向勝負を行い接戦の末、押忍マン勝利。お互いに韻も踏んでたりと悪くない試合でしたが、ムートンの後では盛り上がらないか…。俺の方が強い!正しいこと言ってる!みたいな泥臭い試合は最近盛り上がりませんね。泥臭い勝負がウリの押忍マンには厳しい傾向かもしれません。

 

rec3-5 輪入道vs押忍マン

 ACEを倒した押忍マンの前に現れたのは崇勲ずんぐりむっくりーず(サ上・押忍マン・崇勲)対決になります。巨漢2人が戦うという面白い構図でしたが、先攻が弱いという弱点を突かれ崇勲がクリティカルで敗北。お互い探り探りでしたが、終始ペースを押忍マンに持っていかれたか。期待されていた対決だっただけに、いまいち盛り上がらなかったこの試合はなんともいえない…。

3人目のモンスターは輪入道!この2人、「わにゅう道場」という番組でMCを務める仲であります。(この番組にはダンジョンのチャレンジャーよく出るから必見)

お互いリスペクトのうえで、冠番組を持つ輪入道とそれを支える押忍マンがぶつかりあいました。結果は輪入道の勝利に終わりましたが、押忍マンも輪入道に負けず劣らず正論をぶつけていて面白かったですね。今回の押忍マンはこの試合がベストバウトだと思います。それだけに3ROUNDまで行ってほしかったなぁ。

 

 rec3の感想

今回はチャレンジャーが全員(KUREI除く)実力派だったので、いい試合がかなりありましたね。IDと松島はもっといけたと思うんだけど…ぜひともまた来てほしいですね。これだけ強いチャレンジャーだったのにも関わらず、4人目までたどり着いたものは未だいないままですね。般若出るのか?みたいな緊張感あふれるギリギリのバトルに期待したいです。ではまた次のrecで。

 

 

 

MC KUREIが3度目の登場!【フリースタイルダンジョン#100感想】

 

どうも、イジです。

今回もフリースタイルダンジョンの感想を書いていきたいと思います(※あくまでも私の主観で書いてます。ラッパーの敬称略)。

 

 

 

 

チャレンジャー MC KUREI

チャレンジャーとして現れたのは「MC KUREI

ダンジョンには3度目の挑戦となります。初回の挑戦ではT-Pablowと接戦を繰り広げたものの敗退、2回目では9forとSAMを連れ戦極ライマーズ」として3on3の名勝負を見せてくれました。

duma0007.hatenablog.com

 なんでもMC KUREIはモンスターであるFORKに憧れてラップを始めたとのこと。憧れの人を超えに来ました。FORKは登場してくれるのか?

 

【1st STAGE】 vs裂固

 最初に現れたモンスターは裂固!おそらくT-Pablowと同じで、高校生や若手ラッパーの初戦には裂固が登場するのでしょう。実力・知名度ともに裂固が有利か。

1ラウンド目はビートが乗り辛い…それどころかダンジョン史上一番難しいビートかもしれません。まず1verse目、裂固が間違えて8小節ではなく10小節ラップしてしまいます。その後KUREIが約11小節、裂固が6小節行い、2ターン目のKUREIでようやく元の8小節に戻りました(ここら辺は私も小節間違えてるかも…)。

掴みきれないビートでゴチャゴチャした中、リズムキープしなおし「プレゼントフォーユー ブレてる照準」など韻を決めていく裂固。この勝負は4-1モンスターが勝利。ジブさんや審査員が言及してしまうような難しいビートでした。こういうビートを混ぜてくるセロリさんは個人的に好きです。

続く2ラウンド目は乗りやすいビートなのにも関わらず、裂固の調子が出ない。一方KUREIは裂固のパイロットを拾い「I don't know」「最高潮」など分かりやすい韻で観客を盛り上げていく。結果クリティカルKUREIの勝利。若手ラッパー対決の軍配はKUREIに上がりました。KUREIは韻は単純なものの、盛り上げるのがうまいですね。裂固はこれで3連続クリティカル敗北。いまいち調子が出ない感じが見ていてつらいです。

 

 

【使用ビート】

1ROUND feat. PUSHIM / RUDEBWOY×FACE RUEED×AKANE

2ROUND    Rapper's Delight  / The Sugarhill Gang

 


ASOBITAI - Rudebwoy Face, Rueed, Akane feat Pushim [OFFICIAL VIDEO]

 

【2hd STAGE】 vsFORK

 続いて現れたモンスターはFORK!KUREIが尊敬する相手がついに現れました。KUREIは先攻を取り、「先攻チャレンジャー 後攻はモンスター 奴隷が貴族殺しに来ました」とビートにバッチリはめて盛り上げる。仕込んできたものだとしても完璧な出だしです。一方FORKは、相手に自分なりの韻に対するこだわりを語っていきます。自分の事を尊敬しているKUREIに対し「始まりが俺なら俺が終わらす」と貫禄溢れるパンチラインを放ちます。この一言は画面越しでも鳥肌立ったし、審査員もモンスターもKUREIもやばさに笑っちゃってる(FORK戦の恒例行事)。その後も「ICEBAHN a.k.a.RHYME SAVER 客の心を震わせるバイブレーダーだ」と踏んでいきクリティカルかな…と思いきや3-2でモンスターの勝利。意外にも接戦となりました。

KUREI「ここで踏みましたみたいなフロウやめろ 下品だ」とFORKさんに言われてましたが、U-22の大会でMOGURAにも言われてたような…。本人に言われたあとに、他の人にサンプリングで言われることはありますが、その逆を経験してるのは珍しいですね 笑

 

 2ラウンド目はFORKの韻のクオリティの高さからか、KUREIの韻で会場がいまいち盛り上がりません。そこにFORKは全力坂見たら寝ちまうんじゃねぇのかなって心配になってくるんだよね」「お前を通して初代のモンスターとも勝負してんだよ」パンチラインをいくつも放ち4-1でモンスターが勝利。KUREIは憧れの人物を超えることはできませんでした。しかし、全部先攻取ってこの結果ならすごいのでは…。FORKさんは少し噛んでる部分があってこのラウンドは調子悪そうでしたね。ラウンド終わってライブに入ったんで、ワンチャンKUREIクリティカル勝利説!?とか思ったんですけどただの杞憂でした 笑

もしかしたらこの不調を攻めてくるチャレンジャーがいるかも…?

余談ですが今回FORK戦で使われたビートは、CIMAがチャレンジャーとして現れたときのバトルビートと同じですね。Zoo RockCIMA vs T-Pablowで、Bitch Please(B Please)CIMA vs 漢さんで使われてました。過去使われたものでも良いビートはぜひ使ってほしいですね。

 

【使用ビート】

1ROUND Zoo Rock / SIMON

2ROUND   Bitch Please / Snoop Dogg Feat.Xzibit

 


SIMON / ZooRock 【Promo Clip】

 

【ライブ】

ポップコーン / 韻踏合組合

 

ちょっとした感想

今回はKUREI3回目の挑戦をしてきたんですが、ダンジョンって何回の挑戦までOKなんですかね?自分は未来があるチャレンジャーは何回でも挑戦してほしい派ですが、さすがに出演間隔は開けてほしいですね。チーム戦とかを含めると、ニガリとPONYが3回出てるのかな?他に誰かいたら教えてください。

あと今回のビートは個人的にすごい好きでした。ああいう難しいビートにバチッとハメていくチャレンジャーがいると興奮するんですが。新モンスターになってからフロウ巧者のタイプがあまり出てないので、句潤とか来てくれないかなぁ。でも、CHICOとかいないからフロウ対決も見れないのか…。

今週はこんなところで。また、次回。

 

 

〈先週の記事〉

duma0007.hatenablog.com