SHIINBLOG

easy blog

スマホアプリ紹介や好きな音楽・テレビ番組などなど不定期に更新中です... 

フリースタイルダンジョン 4th rec3の感想【ID/MC KUREI/MC松島/MU-TON/押忍マン】

 

 

どうも、イジと申します。

フリースタイルダンジョンの記事を書き続けていましたが、正直感想の書き方に迷っていました…。今回からはrecごとに1つの記事にし、小話や無駄話などを挟みつつ書いていきたいと思います。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

 

 

フリースタイルダンジョン 4th season  rec3

 

rec3-1 IDとACEの因縁(?)対決

rec3最初のチャレンジャーとしてIDが登場!このrecについては記事を更新していたためこちらをどうぞ↓

 

duma0007.hatenablog.com

 

 

rec3-2 FORKに憧れるMCKUREI登場!

 rec3-2ではMCKUREIが3度目の挑戦。こちらも(ry ↓

 

duma0007.hatenablog.com

 

rec3-3 超新星MU-TON vs 呂布カルマ 

 rec3-3で現れたチャレンジャーは「MC松島」。以前「北海道選抜」の一員として登場したものの、バトルの機会はありませんでした。1人目に現れたモンスターは輪入道。飄々とした態度の松島と対照的な輪入道がバトルでかみ合うのか不安でしたが、それはただの杞憂でしたね。結果的には輪入道の勝利なのですが、輪入道が負けてしまうのではないかというくらい松島がキレッキレでした。MC松島が斜めの急な角度から攻撃してくるのに対し、それをまっすぐに受け止める輪入道。お笑いで例えるのもあれかもしれませんが、松島のボケをボケ殺ししてる感じですよね。ここで輪入道が止めてなかったら、下手すると般若まで行ってたかもしれません。それほどまでにユニークな実力をもつMCでした。

ちなみにバトル中話題となった長淵剛さんの楽曲は「友達がいなくなっちゃった」でしょうか。調べたら誕生日は9月7日でした。

 

次に現れたのが「MU-TON(ムートン)」。番組内で超新星と称されたように、MCバトル界に突如現れ様々な強敵を倒している期待のホープ。今年もUMB・KOKともに本戦出場が決定しており、優勝も夢ではありません。ムートンの前に登場したのが呂布カルマ。今のところ1度も負け無しのモンスターです。この勝負はまさにスタイルウォーズと言ったところでしょうか。あくまでもバトルにおいて会話を求める呂布と、アンサーはそこそこに自分のラップで観客を魅了させるムートン。1ROUND目はムートン優性でしたが、2ROUND目は五分五分だと個人的に感じました。結果的に4-13-2でムートンの勝利。呂布カルマは初黒星となりました。

ここからは余談ですが、rec3-3放送前にジブさんがダンジョンにムートンが出演したことをラジオ(WREPのBATTLEFIELD)でうっかり言っちゃったんですよね 笑  あれだけダンジョンのネタバレについて厳しく箝口令を敷いてるのに、自分はうっかり言ってしまうジブさんが私は好きですよ。  

 

rec3-4 ダンジョンでおなじみ押忍マン vs ACE

rec3-4では引き続きムートンが登場し、同じく勢いのある若手ラッパー「裂固」と対戦しました。実はこの2人は以前バトルしたことがあり、その時はムートンは敗北しているためリベンジマッチとなります。そのような経緯もあるためバチバチの接戦になるかと思いきやムートンがクリティカルであっさりと勝利。そして賞金20万円を受け取り颯爽とダンジョンを抜けていきました。この試合は裂固の韻を踏み返したり、ビートアプローチで攻めたりと多彩な戦術が光りましたね。めちゃくちゃ強かった。

続いてフリースタイルダンジョンでは準レギュラー(?)クラスの押忍マンが登場!

ACEとバチバチの真っ向勝負を行い接戦の末、押忍マン勝利。お互いに韻も踏んでたりと悪くない試合でしたが、ムートンの後では盛り上がらないか…。俺の方が強い!正しいこと言ってる!みたいな泥臭い試合は最近盛り上がりませんね。泥臭い勝負がウリの押忍マンには厳しい傾向かもしれません。

 

rec3-5 輪入道vs押忍マン

 ACEを倒した押忍マンの前に現れたのは崇勲ずんぐりむっくりーず(サ上・押忍マン・崇勲)対決になります。巨漢2人が戦うという面白い構図でしたが、先攻が弱いという弱点を突かれ崇勲がクリティカルで敗北。お互い探り探りでしたが、終始ペースを押忍マンに持っていかれたか。期待されていた対決だっただけに、いまいち盛り上がらなかったこの試合はなんともいえない…。

3人目のモンスターは輪入道!この2人、「わにゅう道場」という番組でMCを務める仲であります。(この番組にはダンジョンのチャレンジャーよく出るから必見)

お互いリスペクトのうえで、冠番組を持つ輪入道とそれを支える押忍マンがぶつかりあいました。結果は輪入道の勝利に終わりましたが、押忍マンも輪入道に負けず劣らず正論をぶつけていて面白かったですね。今回の押忍マンはこの試合がベストバウトだと思います。それだけに3ROUNDまで行ってほしかったなぁ。

 

 rec3の感想

今回はチャレンジャーが全員(KUREI除く)実力派だったので、いい試合がかなりありましたね。IDと松島はもっといけたと思うんだけど…ぜひともまた来てほしいですね。これだけ強いチャレンジャーだったのにも関わらず、4人目までたどり着いたものは未だいないままですね。般若出るのか?みたいな緊張感あふれるギリギリのバトルに期待したいです。ではまた次のrecで。