SHIINBLOG

easy blog

スマホアプリ紹介や好きな音楽・テレビ番組などなど不定期に更新中です... 

サラリーマンラッパー「BOZ」vs「呂布カルマ」【フリースタイルダンジョン#95感想】

 

どうも、イジです。今週もフリースタイルダンジョンの感想を書いていきたいと思います(※主観で書いてます。ラッパーの敬称略)

 

 

 

 

チャレンジャー BOZ

rec2最初に現れたチャレンジャーは、サラリーマンラッパー「BOZ」!サラリーマンとの二足のわらじながら、精力的に活動しているラッパーです。リーマン+眼鏡でDOTAMAと被ってるように思われがちだが、ラップスタイルはかなり別物。甲高い声で、サラリーマンネタを使いながら熱くラップするスタイルです。

以前行われたフリースタイルダンジョンチャレンジャーズカップにて、D96との激闘の末ダンジョン出演権を手に入れました。ダンジョンではどれほどの実力を見せてくれるのか。

↓ちなみにチャレンジャーズカップのこの試合がすごい面白いのでぜひご覧あれ↓

まゆちゃむ vs ハハノシキュウ /フリースタイルダンジョン Challenger's CUP(2017 6/24) - YouTube

 

【1st STAGE】 vs呂布カルマ

 1stSTAGEで現れたのは呂布カルマ!全試合クリティカルで勝利している絶好調のモンスター。戦極・罵倒にて2度もBOZを撃破しているため、BOZにとっては天敵ともいえる相手。

この勝負はさすが呂布カルマ、DISの切れ味が半端じゃない。最初からBOZを「ザコ」「カス」呼ばわりし、「いつまでたっても声がかからない8人のザコの中のテッペン」とチャレンジャーズカップごと叩き切る。

インタビューで自分はサラリーマンだと主張するBOZに対し、「そんな事はおくびにも出さねぇ マイクに命かけてっからだ」と痛烈な一言。見事モンスターがクリティカルで勝利をおさめました。2度勝利してるだけあって、呂布カルマはBOZに勝ち慣れている感じが出てましたね。それに対しBOZはいつも通りの、サラリーマンネタを絡めたラップができてなかったのが敗因かなぁ。言葉の重みネタと罵倒関連のボディタッチネタ(BOZは罵倒にて呂布カルマにボディタッチを行っている)で終始終わっちゃったのが残念。ERONEが言ってた通りじわじわとダメージを与えられていましたね。

チャレンジャーズカップ出場者では「D96」「ハハノシキュウ」あたりがダンジョンでは活躍しそうなので、この2人には出てほしいなあと希望。ただハハノシキュウはDOTAMAがいるときに出てほしかった感もある。

 

チャレンジャー 1horse

続いて現れたチャレンジャーは「1horse」

神奈川秦野出身の31歳のラッパー。2013年に活動を休止したものの、ラッパーとして復帰し活動を続けている。個人的にはこの方のブログが好きでよく読んでます。大会に出場してる側からの視点で、MCバトルの大会レポートが書かれていてとても面白いです。

ameblo.jp

 

【1st STAGE】 vs崇勲

 登場したモンスターは崇勲。前回ELIONE相手に敗北してしまったが、今回の勝負の勝敗はいかに。

この勝負はまさに崇勲の魅力が120%発揮されたような試合でした。1ROUND目に「先攻取るの卑怯姑息 俺はそんな事絶対思わない」と、後攻を選んだ1horseをあえて攻めることはしない崇勲。チャンスを掴んでダンジョンに来たという1horseに対し、「このブームラッパーがもういねぇから 余って呼ばれてるだけなんだよ」と鋭いパンチラインを一撃。1ROUND目を4-1でモンスターが勝利しました。

続く2ROUND目はお互いに様子見するような試合。(後攻取ることに対し)だけどそれを卑怯姑息だなんて 俺は絶対に思っちゃないぜ」とROUND1と同じことを言う崇勲。一方1horseはラップに対する熱い思いをストレートにぶつけ2-3でギリギリ勝利をつかむ。いとうせいこうさんが「ここ(ROUND2)はフリの回なんだよね」と言うような、盛り上がりにかけるラウンドでした。

そしてROUND3で崇勲が爆発する。ROUND1・2と全く同じ(後攻取ることに対し)だけどそれを卑怯姑息くだらねぇなんて俺は思わねぇ」からラップをスタートさせ、観客を大いに盛り上げる(zeebraもモンスターも大笑い)。まさかの今までの発言は全部このためのフリだったのだ!そしてそれを見抜いていたいとうせいこうさん恐るべし。この一言で一気に空気を掴んだ崇勲。そこから定番の両親ネタ「たかし ひろし」で観客も大盛り上がり。ダンジョンで作り出されたこのネタは、崇勲の強い武器の一つになってますよね。1horseは崇勲勝利のムードをひっくり返すことができないままクリティカルにて敗北。さすが崇勲!と思ってしまうような面白いバトルでした。ラップに対する熱い想いを持つ1horseは崇勲相手には相性が悪かったか。

 

 

まとめ

今回はモンスター大勝利の回でしたが、モンスターを脅かすチャレンジャーは現れるのでしょうか…。rec2という序盤から焚巻やCHICOのように次々とモンスターを撃退していくチャレンジャーに期待したいです。あと呂布カルマ強すぎ。

 

 Yahooニュースにてこんなインタビューが掲載されていました。興味がある人はぜひ一読してみてください。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

〈前回の記事〉

duma0007.hatenablog.com